医療関係者の悩み

薬剤師の今後が不安!AIで仕事なくなる?大丈夫か心配だったら…

薬剤師の今後の仕事ってどうなるか不安…

薬価が下がって薬局の利益はどんどん減っているし、仕事はハードになるのに給料は上がらない。

おまけにAIの進歩で能力のない薬剤師は将来仕事がなくなると言われていますよね。

一昔前は薬剤師バブルでかなりフィーバーしていましたが、現在はかなり厳しい立場に置かれている。

こんなはずじゃなかった…

でもこうも言っていられないので、今回は薬剤師の今後の仕事が大丈夫か不安な人のために、心配は無用であるけれど用心すべき点を紹介したいと思います。

AIで薬剤師の今後の仕事がなくなる?

この記事では病院薬剤師ではなく調剤薬局で働く薬剤師の仕事とAIの今後について触れていきます。

まず初めに、そもそも薬剤師の代表的な仕事をあげてみましょう。

「調剤業務、服薬指導、薬歴管理」

調剤業務:医師の処方に基づき適切に医薬品を調整すること。

服薬指導:患者に対し処方薬に関する情報提供や指導を行う事。

薬歴管理:安全な薬物治療のため患者情報や処方・指導の記録を残す事。

AIの影響以前に、これら薬剤師の仕事は技術の進歩によって機械に取って代わっている領域がたくさんあります。

電子薬歴:薬歴の電子化によって紙薬歴の手書きからPC処理へ

自動分包機の進歩:分包機は現在よりもっと薬剤師による作業が多かった

自動監査機の登場:粉の計量監査やPTPシートだけでなく分包品の監査も機械で完結

このように薬剤師の仕事はかなり技術の進歩によって助けられていて、業務の負担を軽減してもらっています。

やはり正確性や学習能力は人間よりもAIの方が優れており、大量のデータを蓄積しておけるため情報量は薬剤師がどうあがいても勝てるとは思えません。

そのため上にあげた薬剤師の業務の3本柱と言われる「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」のうち「調剤業務」と「薬歴管理」はAIに仕事を任せた方が確実で早くなると考えられます。

薬歴管理にはもちろん薬剤師が関わりますが今後AIにより簡略化されるでしょう。

しかし、いくらAIが優れていると言っても絶対的に薬剤師にはかなわない仕事があります。

それは対人業務。

対人業務:薬剤師 > AI

患者との人間同士のコミュニケーションが今後いっそう薬剤師に求められてくるのです。

具体的にいうと服薬指導在宅業務が「対人業務」にあたるでしょう。もちろんこれ以外で来局患者との何気ない会話も非常に重要。

患者との会話の中に隠されたサインに気付くことで思わぬ事故を防いだり、治療の助けになることもあります。

また、服薬指導や在宅業務で患者と接してみて感じた違和感を医師と共有することで医療の質を高めることに繋がるので薬剤師の観点から見た患者情報というのが今後ますます求められます。

薬剤師の仕事は対人業務にシフト

その他の仕事はAIや機械に頑張ってもらいましょうという流れ

さて、薬剤師の今後の仕事に心配がないかと言ったらそれは大間違いです。

これからの薬剤師の仕事は従来よりも個人スキルが必要になる分野。スキルのない薬剤師は今後の業界では生き残れない可能性が出てくるかも。

薬剤師はより専門性を増して、形だけではない医薬分業の実現を期待されていて、仕事の量自体は格段に増えます。

調剤など作業面の仕事はAIに任せる代わりに、これまで以上に医療への関わりが強くなるため、病院でのカンファレンスに参加しても専門性を発揮できる薬剤師になりたいものです。

そこまでいかなくても患者情報を積極的に病院に提供できるくらいでないと「AIでいいじゃん!」と言われてしまうので、コミュニケーション能力と知識・経験は必須

そのため日々の勉強はこれまで以上にしておいた方が良さそうですね。

これは個人的な意見なのですが、薬剤師が仕事の心配をするより医療事務の仕事が激減して薬局に必要なくなるのでは?と考えてしまいます。

【不安】収入源を増やして安定を手に入れたい⇒

今後が不安な薬剤師

上に書かれた内容を見ると現状維持を求める薬剤師の方にとっては最悪な時代の到来と感じているはず。

しかし、そこまで不安に思う必要はありません。

調剤薬局の薬剤師の基本業務は薬局内での調剤ですから、AIが入ってきてもこれまで通りの仕事がなくなるわけではありません。

もちろん在宅などで外に出る薬剤師が求められているのは事実ですが、外に薬剤師が出ている間に薬局で外来を受ける薬剤師がいなければいけませんよね?

ですから、あまり心配しすぎて不安に思うことはないです。

今までよりも少しだけ「人間としての薬剤師」を意識するとあなたという薬剤師の価値があがって必要とされる薬剤師になれるはずです。

【自信がない】自分を変えるネットビジネス⇒

心配を軽減する仕事もある!

AIで現在の薬剤師の仕事の一部が奪われるとしても、薬局でのこれまでの仕事がなくなるわけではありません。

それでも今後の時代の流れを完全につかむことは不可能で先行きが心配という気持ちもわかります。

でも、ご安心ください。

現在も薬剤師不足は続いています。国が薬剤師数を増やそうとした背景もあり、薬剤師が食べていけなくなるようなことはまずありえません。

しかし薬剤師の給料が全体的に減ることは容易に考えられますね。

生活が窮屈になるのは避けたい!

だったら、薬剤師以外の収入の柱をひとつ作っておくのはいかがでしょう?

今のうちから先手を打ち、個人で稼ぐスキルを磨いておくと時代が変わっても生活へのダメージを減らせるどころか、普通に薬剤師として働くよりも収入を増やすことも可能です。

薬剤師である筆者は薬局やこの業界に依存しない収入の柱を作ったことで、将来の不安は無くなりました。

その収入の柱というのがネットビジネスなのですが、個人で出来るので初心者にもハードルがかなり低いのでおすすめです。

【個人スキル】薬剤師の不安を解決するビジネス⇒

世の中は変わります。

しかし薬剤師に不利な改定が続くことは変わらないでしょう。

振り回されているばかりの業界とは少し違った自由なビジネスで自分磨きをしてみるのも面白いですよ。

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】上のバナーから詳細を見ることができます!