人生を豊かに

お酒を減らす方法!毎日飲む人が減酒に成功したコツとは。

どうも、matsuiです。

僕はほとんど毎日お酒を飲むのですが、以前と比べたらお酒の量を減らすことが出来ました。

この記事では酒におぼれていた僕が減酒に成功した方法とコツをお伝えしています!

さらにお酒を減らすことで得られた効果も紹介しますので是非参考にしてみ下さい。

毎日お酒を飲む僕が減酒に挑戦

僕は以前、1日にビール500mlを5~6本飲んでいました。

飲みだすと終わりがなく完全に酔うまで飲み続けるという生活をしていました。

お酒が無くなると料理用のワインを飲んだり、飾っていたお酒に手を出したりと今考えると完全におぼれていたんです。

matsui
matsui
引かないで…

そんな生活を続けていた20代半ば、お酒について考えさせられる出来事が起きました。

それは毎年受けていた健康診断。肝機能が異常に悪く「精査必要」と書かれてしまったのです。

それまでは「アルコール・食事に注意する事」と書かれる程度でした。

肝臓の疲れは感じていて、常に体がだるくてこのままだとやばいと思い健康について考え直しました。

禁酒は無理だと即座に判断し、減酒に挑戦する事に!

matsui
matsui
禁酒とかありえないっしょ!

お酒を減らす方法

将来の健康を考え、お酒を減らすことにしたのですが何度も失敗しました。これまでたくさんの方法を試したのですが、多くは効果なし。

結果として以下で紹介する4つの方法で毎日のお酒の量は減りました。僕が減酒に成功した方法をご覧ください。

その日に飲むお酒だけ買う

その日に飲むお酒だけ買う

お酒を減らす方法でこれがかなり大切かもしれません。

お酒を毎日飲む人はいちいち買うのが面倒なのである程度まとめて買ってストックしておきますよね?

僕はビールを24本ケースで買っていたし、ウイスキーやワインも常にあってお酒が家からなくなる事はありませんでした。

matsui
matsui
だから「もう少1杯♪」とエンドレスに飲めたんです。

じゃあこれを出来なくすればいいと思って、毎日その日に飲むお酒だけを買うようにしました。

少し面倒ですが、これはかなり効果的。

でも、お酒が足りなくなってコンビニに駆け込むのはNGですよ(笑)

ちなみにワインやウイスキーの場合は1日分をデキャンタに注いで、そこからグラスに移して飲んでデキャンタが空いたら終わりにしていました。

毎日のお酒を減らす方法

デキャンタを使うメリットは1日のお酒の量が目に見えることです^^

初めは少し多めくらいに入れていいと思います。自分が飲む量にあった大きさのデキャンタを用意するといいですよ。

食べてから飲む

お腹空いているとお酒がどんどん入っていきます。

夜ご飯を食べる前に飲むとグイグイ入っていくので酔いが早く来て、そこからエンドレスモードに突入することも…

僕が減酒に成功した大きなポイントはご飯の前に飲まないことでした。ある程度食べた頃に「さて、そろそろいいかな」と飲み出したら自然とお酒の量は減りました

あらかじめキャパを埋めてあげて、お酒が必要以上にグイグイ入っていかないようにするのもいいと思いますよ^^

帰宅後すぐお酒以外の飲み物を飲む

帰ってきたらすぐにお酒を飲んでいた僕は、そこからスイッチが入り出して、寝る時間がくるまでダラダラと飲み続けていました。

しかし、スイッチを入れる時間を遅らせることで自然とお酒の量が減ります

この方法のいいところは帰宅してから炭酸水を飲んでいる時に「ん~、もう一杯だけ炭酸水にしてみようかなと考える余地がうまれることです(炭酸水オススメ!)。

炭酸水でどこまでいけるかやるとお風呂上がりの1杯が最高に旨いですよ!!

matsui
matsui
結局飲むよね♪

当たり前にお酒を飲んでいたところに考える時間ができることでお酒の量は変わります^^

お酒を飲む前にやる事を作る

これは僕が副業を始めた時からやっている方法なのですが、帰宅してから「酒を飲む前にこれだけは絶対やりたい!」という作業を決めるんです。

例えば、当時の僕はブログだけで月収10万円以上を目指していて、ブログを更新するまでは飲まないというルールを決めていました。

早く作業終わらせて飲むぞ~!ってね。

まあ、そのあとは飲みながらブログ書いていましたが…(やっぱり飲む!)。

趣味でもいいと思います♪やりたい事や目標のためなら苦じゃありませんでしたよ^^

減酒のコツ

減酒のコツはやはり健康への意識を高めることが何よりも一番です。

具体的に僕が誘惑に負けそうになった時には、必ず思い浮かべていたことがあります。

肝臓を壊してお酒を飲めなくなった自分
お酒が原因の肝臓がんで余命宣告された自分
認知症になり大切な人が分からなくなった自分

実際に今まさにその状況であるとできるだけリアルに想像すると、少しアルコールへの欲求が抑えられる気がします。

お酒を飲みたい状況でいきなり想像しても飲みたい欲求に負けるので、お酒を減らそうと意気込んでいる時に「今の自分が上の状況になった場合」を出来るだけリアルに考えてみてください。

定期的にこれをしているとお酒の誘惑に勝ちやすくなりますよ^^

あ、減酒の4つの方法と言いながらコツを合わせると5つになりましたね(笑)

お酒を減らすことで得られた効果

上記の方法で減酒に成功した僕ですが、1年後の健康診断では「精査が必要」が無くなって、数値も100以上下がっていました。

朝の目覚めもいいので仕事中もだるくないし、減酒も悪くないなと実感中です!もちろんお酒は楽しんでいますけどね♪

体調が良くなるって本当に最高で、日々のパフォーマンスが上がるだけでなく意欲的になれるというメリットもありました。

もしかしたら同時に始めたファスティングの効果もあったのかもしれませんが、とにかく健康っていいなと30歳にして実感しています。

ファスティングで1日1食、夜だけ食べる効果が最高すぎた!
ファスティングで1日1食、夜だけ食べる効果が最高すぎた!1日1食、夜だけ食べるファスティングをしてみた結果、その効果が最高すぎたので報告します。仕事の効率アップにもいいし健康にもいい、こりゃ最高だ!...

お酒が好きだからこそ、一生美味しくお酒を飲めるように今から気を付けたいですね^^

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】上のバナーから詳細を見ることができます!