医療関係者の悩み

管理薬剤師になりたくない!断り副業をすべき3つの理由

薬剤師になって間もない頃、早く一人前になって管理薬剤師になりたいと思った経験はないでしょうか?

 

管理薬剤師になると年収もアップするし、なんだかカッコいい!
でも本当に管理薬剤師になりたいのか、仕事内容を考えてから判断したほうがいいです。

以下に示す仕事内容を知っても管理薬剤師になりたいという方は管理薬剤師に向いているかもしれませんが、そうでない人はハッキリと言いましょう。

 

管理薬剤師になりたくない!

 

ここでは管理薬剤師にならずに副業で年収アップを実現した方が人生楽しいと言い切る3つの理由について解説します。

管理薬剤師の仕事

はじめに結論から言わせていただくと薬剤師という仕事にやりがいを感じている人以外にとって管理薬剤師という立場はメリットよりも圧倒的にデメリットの方が大きいです。

 

管理薬剤師って責任を任されていてカッコいいと思うかもしれませんが、それはデメリットを見ずにメリットだけを見ているからかもしれません。では、最初に管理薬剤師について簡単に知っておきましょう。

※既に知っている方は読み飛ばして「薬剤師って大変…」という項から読んでください。

管理薬剤師の仕事内容と役割

管理薬剤師とは薬局やドラッグストアなどの特定の店舗の責任者・管理者のことをいいます。

 

一般的に言われる管理薬剤師の役割は以下の通り

  • 従業員の監督
  • 医薬品等の管理

従業員の監督

具体的に言うと、従業員の監督とは薬剤師だけでなく事務や登録販売員の監督を行うわけです。

業務が適切に行われているか、就業態度は真面目か、薬局内の人間関係など全体的な管理をすべておこないます。

 

当然ですが、その店舗の中で最も上の立場になるので模範となる存在である必要があります。他の薬剤師や事務の指導や教育を行うのも管理薬剤師の仕事です。

 

また、他の従業員が対応に困った場合は管理薬剤師が解決しなければいけませんから薬学に関する専門的な知識が他の薬剤師よりも豊富である必要があります。

 

つまり、何かあったら管理薬剤師!
という事ですね。責任を負うのは管理薬剤師なので、薬局の業務だけでなく人間関係も把握して薬局全体を管理するという大役を担うんです。

医薬品等の管理

 

  1. 店舗内の医薬品、その他の物品等(医薬部外品、化粧品等)を適正に管理
  2. 医薬品と他の物品等(医薬部外品、化粧品等)を区別して貯蔵、陳列
  3. 医薬品等が不良品とならないように、遮光、冷所等、適正な保管
  4. 設備の不備等、問題があった場合、開設者に改善するよう意見具申
  5. 不良品、不正表示品(例;有効期限切れ、表示不備品等)を発見し、処分

参照:厚生労働省HP

 

その他の業務

 

適正な使用のための「情報提供」業務(管理薬剤師自ら行うか又は他の薬剤師に行わせる)

副作用情報の収集、報告等

管理薬剤師って大変…

以上、管理薬剤師の仕事について簡単に見ていただきましたが引き受けることで負わなければいけない責任は非常に重いです。

 

例えば、あなたが管理薬剤師だとして同じ薬局で働いている薬剤師が監査をせずに投薬し、患者が亡くなってしまった場合。
監査をしていない事を知りながら放置しておくと業務上過失致死となります。

 

従業員全員の状況を把握して、しっかり管理していないと他人の行動でとんでもない責任を負うことになるのです。

もしあなたがしっかり管理していたつもりでも「管理・監督不行き届き」と言われたらどうしようもありませんよね。こわいこわい…

 

恐怖の言葉

管理・監督不行き届き

自己管理だけで「忙しい」と言っている人には管理薬剤師は難しいかもしれませんね。

 

管理薬剤師は副業しちゃいけない?

まず、管理薬剤師は上で書いたように薬局一店舗(業務・従業員・医薬品)を管理する責任があります。

そして管理薬剤師は他の店舗での管理を兼業する事は禁止されています。
それだけ、一つの店舗の管理が簡単なことではないということですね。

 

学校薬剤師を兼務する事はできますが、これにも都道府県知事の許可が必要です。

基本的には、

薬局の管理者(第一項の規定により薬局を実地に管理する薬局開設者を含む。次条第一項及び第三項において同じ。)は、その薬局以外の場所で業として薬局の管理その他薬事に関する実務に従事する者であつてはならない。ただし、その薬局の所在地の都道府県知事の許可を受けたときは、この限りでない。 (法第7条)

と定められています。

よく言われる言葉。
管理薬剤師は副業してはいけない

 

これは半分間違いなんです。

薬事法にあるように管理薬剤師はその薬局以外の場所で業として薬局の管理その他薬事に関する実務に従事してはならないのであって全く関係ない業種であれば副業しても問題ないのです。

 

ですから管理薬剤師でも副業は出来ます

でも今回は管理薬剤師を断って副業した方がいいということですからその理由について触れていきましょう。

【薬剤師の副業】みんなコソコソやっている!

管理薬剤師になりたくない理由は副業の方がラクして稼げるから

管理薬剤師は忙しいですし残業が他の従業員よりも長いのが通常です。
責任も大きいのでストレスもたまりますからメリットは無いに等しいと思います。

 

薬剤師の仕事が好きな方は「やりがい」と答えるかもしれませんが、それ以外の人から見たメリットって給料が少し高いくらいのものです。

 

これは僕の実体験ですが管理薬剤師という面倒な立場は断って副業した方が稼げますし、頭打ちになった給料から突き抜ける事が可能です

 

実際に薬剤師で副業している人は結構います。
その多くがライターの仕事。

インターネットサイトのブログ記事の依頼を受けて指示された内容を書いて収入を得ているのがライターです。なぜか薬剤師はライター副業が多いんですよ。

大体月収にして1~3万円くらいが相場ですね。

え?ショボい…?

 

そう思った方にはもっと大きな額を稼ぐ副業もあります。
それがサイト運営です。

これは僕自身もやっていて今の月収に10万円以上は上乗せできます。

 

しかも、家にいながらできるので時間的な拘束も人に指図されることもないのでかなり自由度が高い副業です。

僕は1つのサイトで月200万円以上の売り上げも出したりしていて薬剤師が副業?みたいな感覚なので薬剤師としての給料アップは望んでいません。

大変な思いをしてまで管理薬剤師になるよりは副業でサイト運営をして収入アップを実現した方幸せだと思います。

あと自分主体なのでやりがいもあり、経営者の気持ちで稼ぐことができます。

 

僕は管理薬剤師になったら自分の時間が削られるし、ストレスもたまるし、従業員を指導監督するなんてやりたくないので、会社には「管理薬剤師になりたくないです!」とハッキリ伝えてあります。

 

その分の精神的時間的余裕を副業に当てて楽しく稼ぐ方が性に合っているんですよね。

管理薬剤師になっても副業はできますが「ならずして、それ以上の額を自由に稼ぐ」というのが僕のひそかな喜びなので。

 

というわけで、管理薬剤師を断って副業をすすめる理由は以下の通りです!

管理薬剤師になりたくない理由
  1. 管理薬剤師が大変過ぎてなりたくない!
  2. メリットである昇給は副業で越えられる
  3. 年収が頭打ちにならない

 

とはいっても、管理薬剤師は必要な存在ですからなりたい方は是非なって下さい!
そこにやりがいを感じるのであれば本当に向いているのだと思います。

 

僕もそんな素敵な薬剤師になりたかった…笑
やっぱり向き不向きはありますから、こればかりは仕方がありませんね。

 

ただ、僕のように「管理薬剤師になりたくない」と感じた方はしっかりとその意思を会社に伝えましょう。一度管理を任されたら辞めるのも難しいですからね…

 

そして、僕がおこなっている片手間で初心者でも月収10万円以上を稼げるビジネスに興味がある方は無料メルマガを読んでみてください^^

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】上のバナーから詳細を見ることができます!